超戦隊シールドファイブ ヒロイン失格の烙印 - コスプレSEX

超戦隊シールドファイブ ヒロイン失格の烙印

超戦隊シールドファイブ ヒロイン失格の烙印

超戦隊シールドファイブ ヒロイン失格の烙印

本編ダイジェスト

  • コスプレ女子:みづなれい
  • レーベル:ギガ
  • ヒロイン
  • 魔科学帝国デッドダルクと戦うシールドファイブの紅一点・桃瀬ミコが危ない!デッドダルクの科学者・イグアルナ博士は、中を覗くと吸い込まれてしまう呪いの絵本を手に、トリマズーを引き連れてシールドピンクであるミコに狙いを定めた。デッドダルク出現の一報を聞いたシールドファイブ達。戦闘員との戦いの中、誘い出されたミコはトリマズーの攻撃の前にピンチに陥るも、仲間の手を借りることなく得意のリボン攻撃で敵に一撃を浴びせる。しかし、そこへ現れたイグアルナ博士によって絵本の世界に引きずり込まれたミコは、植物の蔦によって体の自由を奪われてしまう。そして、イグアルナ博士が絵本に火をつけたことによって絵本の世界の中で火あぶりにされたミコは変身し、シールドスーツの力を限界まで開放することによって独力での脱出に成功する。だが、力を限界まで引き出した反動で、ダメージを追ったピンクはデッドダルクのアジトに連れ込まれてしまう。イグアルナ博士の解析により強靭な肉体と、穢れなき精神を持つ者でないと変身する資格がないことが判明。彼女を仲間への信頼を失わせようとレッドに化けた戦闘員を使って拷問にかける。しかし、それでも気高きシールドピンクは仲間を信じることを疑わない。焦るイグアルナ博士であったが、ふとしたきっかけでピンクが女であることに目をつけ、その美しい体を凌辱することによって快感の虜にし、精神を穢そうと画策するのであった。果たしてシールドピンクは快感におぼれる淫らな女となってしまうのか?彼女はヒロインとしての資格を保てるのか?何度も迎える絶頂の果てにピンクの姿は…。[BAD END]

    レビューでキャッシュバック

    DUGA割

    関連タイトル

    この動画を観た人のオススメ